ひとりに一台?家庭のパソコン事情

パソコンの役割も担うスマートフォン

スマートフォンが普及したことによって、インターネットが気軽に利用できるようになりました。ネットショッピングや動画を見たり、パソコンでやっていたことがほぼ同じようにできる点が大きなポイントになっていると思います。 スマートフォンがあればパソコンはいらないという人も中にはいるかもしれません。パソコンより先にスマートフォンを使い始めると、その便利さに満足して、新しくパソコンを購入しようというきっかけが生まれにくいのも事実です。 携帯電話であるスマートフォンは進化を続け、パソコンのような高性能を持ったことが普及を拡大させた理由になっていると考えられます。今では、ほとんどの人がスマートフォンをいつでも、どこにでも必ず持ち歩くものといっても過言ではありません。

スマートフォンにはないパソコンのメリット

スマートフォンを持っているけど、パソコンも使っているという人もいるかと思います。仕事用にオフィスソフトを使ったり、学生ならレポート作成をしたり、スマートフォンよりもパソコンで行いたい作業があることが理由になっているのかもしれません。 スマートフォンとパソコンの大きな違いといえば画面の大きさが第一に挙げられます。オフィスソフトでは、表計算を行うときなど画面が大きいことで作業の効率が上がることも考えられるでしょう。動画を再生するときも、画面が大きいほうが迫力や臨場感が増すなどいろいろなメリットが生まれます。また、3Dゲームや動画編集などの負荷が高い作業は、ハイスペックなデスクトップパソコンのほうがより快適に行うことができるでしょう。