他人の一つ上を行く、高性能パソコンの選び方

無駄は削って必要なところは強化!オーダーメイドPC

"ズバリ!高性能パソコンを手にしたいなら希望するパソコンを作る事です。所謂自作PCです。作るの難しそう?そんなときは専門ショップに依頼します。パーツがいっぱいで分からない?それならば基本構成されたパソコンから希望するパーツを交換してもらうBTO(ビルド・トゥ・オーダー)を活用します。ネットから各PCショップのサイトでBTOで自分好みのパソコンを作ってもらうのです。大手メーカーですとDELLなんかもBTOパソコンが手に入ります。 自作PCでありがちな「規格が合わないパーツを買ってしまった!」「組み立てたけど動かない!」なんてこともありません。ショップのほうで検品されてから出荷されますし、保証期間も付いてくるので初心者でも安心です。そして不要なソフト等が入ってない分安く仕上がります。 ご自身である程度各パーツのグレード等を調べてからだと、満足がいくパソコンを手に入れやすくなりますが…もしそれでもよく分からないという場合。そんな時はオンラインゲーム対応のゲーミングPCを基準にします。多くのオンラインゲームは性能が求められ、対応したパソコンは高性能になるのです。後は当然値段との相談になります。"

高性能すぎて値段が…後から拡張・グレードアップ

高性能を求めるとBTOでも高い…。そんな時は後からグレードアップ。今は出費を抑え、拡張性を高めて後から機能を追加します。 この時注意するパーツは順番に「ケース≧PC電源≧CPU=マザーボード≧GPU>メモリー」です。ケースは小さいと拡張性そのものが望めません。micro-ATX以上がオススメ。PC電源は他のパーツを追加した時に容量不足になりがちなので多めにします。容量が多くなっても消費電力はさほど変わりません。ドーンと1000WクラスでもOKです。CPU・マザーボード・GPUはグレードアップ時に既存のパーツが余ってしまいます。GPUはまだ使い回しが可能ですが、CPUとマザーボードは場合によっては同時交換や別の作業があるなど面倒です。メモリーはスロットが余っていれば後から追加出来ます。マザーボードのメモリースロットの数は確認しておきましょう。 その他のパーツ…HDD・SSDなんかは実は後から様々な方法で追加して増やせるので、最低限の容量があれば十分です。オフィスソフトも後から追加できます。 ここまではデスクトップPCでのお話でしたが、ノートPCは拡張性は皆無。「最初から高性能に」です。